時と場合による消費者金融の利用

消費者金融は気軽に利用できると言う面がクローズアップされていて、何かとお金がなくて困っているときは消費者金融を利用すればよいというイメージがついてしまっています。しかし、初めてお金を借りると言う人、結婚式の費用など一定の利用目的が決まっていると言う人などは何も金利が高い消費者金融のフリーローンを使わなくてもいろいろと金利を抑える方法があるのです。 例えば銀行のカードローンならば一般的には審査がとても厳しいと言われていますが、その一方で金利はやや低く抑えられています。初めて借り入れをするという人ならば、審査にはなかなか落ちづらいので銀行を利用するのも一つの手です。また目的別・用途別に設定されているローンは一般的にフリーローンよりも金利が低く設定されていることが多いので、それらをお金を使う目的によっては利用するほうがお得になることもあります。 時と場合に応じて使用する金融機関を変えるのも一つの手ではありますね。

メインコンテンツ

トップページに戻る
経済成長の限界
日本が抱える問題とその解決
国内金融の構造的な弱点
抜けられないワナからの脱出
消費者金融の利用
現代の民間融資